『なんだかわからない、他の人と違う感覚。』エンパス・HSPブログ。

『エンパス』をただの個性と呼ばれる社会にしたい。エンパス体験・エンパス活用・エンパス相談、すこし雑記。

【日本人は5人に1人⁈】エンパスの感情直感・ワンネスのコミュ障改善

今日はエンパスタイプの『感情直感型』『感情ワンネス型』のコミュニケーションについて。

 

エンパス診断がまだな方、自分のエンパスタイプを知りたい方は以下のリンクから 

【エンパス診断テスト】あなたのエンパス度を無料チェック

あなたのエンパスはこのタイプ!?主要6タイプと珍しいエンパス

 

わたくしDAIGOはおおよそのエンパスタイプを持ち合わせていますが、特に強く反応が出るのが感情直感と感情ワンネス。

 

少しおさらいですが

感情型のエンパスは、相手の感情が言葉を介さずわかってしまったり、相手の感情が自分ごとのように感じてしまうタイプです。

 

求めていないのに、相手の感情に敏感。

求められていないのに、相手感情に敏感。

 

ローズ氏のエンパスについての書籍にもありますが(リンク貼っておきます)

自分の感情はもちろん、相手が複数以上の場合、頭の中は、上がったり下がったり、右から左へ、さらにぐるぐる回転まるでどこに自分がいるのかわからない、ジェットコースターの乗っているような感覚になります。

 

「ジェットコースター」の画像検索結果

 

 もしくは、DAIGOのイメージでは自分の頭の上に高速道路があって、ビュンビュンビュンビュンと色んな車種で色んな走り方で通り過ぎ去っていくような感覚もあります。

 

両者ともに言えるのは『結果、自分を見失ってしまいやすい』ということ。

 

ここに、陥ってしまいやすい訳です。

 ※一見、エンパスではない人からしたら、相当羨ましい能力みたいですが、行き過ぎの敏感はつらいですね。

 

わたくしDAIGOの場合だと。

 

言っていることと、相手の感情の不一致にとても嫌悪感です。

 

 

なんとなく嫌なやつにおもわれそうで怖いところもありますが・・・

相手の言葉と感情の不一致が手に取るようにわかります。

 

何気ない・・・秒妙な声のトーン

何気ない・・・微妙な表情の変化

何気ない・・・微妙な姿勢の変化

 

一般的な人に比べると、そうとう鋭いです。

 

おおよそ直感的に・・・。

 

例えば・・・実例だと

 

ある日の夕方ごろ、公園の前を通った時の事。

一組のお母さんと子供がいました。(それを散歩途中に見ているわたくし。)

夕方ということもあり、主婦は忙しいのでしょう。

お母さんが、すごい剣幕で、子どもに怒鳴っているんです。

「こら!!〇〇!!早くしなさいって言ってるじゃない!!」

「え~ん、まだ遊びたいよっっ!!」

 

はい、このワンシーンでエンパスの感情直感型が働きます。

 

お母さんのフレーズ。

これ、ただ怒っているように見えません。

 

なんていうか、裏があるんです。

一見、ただ子供に怒っているようには感じません。

 

直感的に、子供に怒っているんじゃなくて、誰かほかの人に怒っているように聞こえます。

お母さんに実際に聴いたわけではないから、本当の事はわかりませんが・・・。

 

お母さん自身の身の保身にしか聞こえないんですよね。

例えば・・・

・姑との台所戦争に巻き込まれるのが嫌で、子どもにあたっている

・周りのお母さんの手前、しっかりとした母親を演じてしまう

・旦那とのケンカ中で、イライラの矛先が子どもに向いてしまっている

などですね(サイキックとかではないので本当かはわかりません)

 

考えすぎじゃない??なんて言われそうですが、考える間もなく、直感的にそう感じてしまいます。 そして、結構当たってしまいます。

 

この例はまだ赤の他人だから良い方で、例えば知っている人や知人の知人なんかがあつまる場でワンネス状態つまり一体化がおきてしまえば、他人の感情がもろに入ってしまい、先述のジェットコースター状態になります。

 

感情直感型・感情ワンネス型のエンパスさんだと、なんとなくわかる感覚があるんじゃないかと・・・。

 

じゃあ、どうするか??

以下に羅列します、塩もスピも必要ないです。

①エンパスのON状態とOFF状態をつくれるようになる

②適度にグラウンディングワークを取り入れる(セルフトレーニングもする)

③感情直感型・感情ワンネス型として能力を受け入れ、意図的にコミュニケーションをとれるようにする

 

この3点かなと、もちろんわたくしDAIGO自身も取り入れてます。

①と②はどのタイプでも基礎的にやった方がよいのですが・・・

 

とくに③ですね。

感情型のエンパスさんは、絶対にコミュニケーションが上手くなれるし、むしろ感情型エンパスの能力を伸ばして、たくさんの人に貢献した方がよっぽど能力に苦しまなくて済みます。

これは、断言させて頂きます。

 

というわけで、今日はここまで。

今後は①~③を感情型エンパスさん向けにブログ書いてきます!!

 

今日も、読んで頂きありがとうございました!!